Tag Archive for: TV

「愛は勝つ!」みたいな熱いスピーチにホレてしまったぞ、キース・オルバーマンに—Keith Olbermann is Yet Another Unmarrying Man I Want to Marry

先週の大統領選挙と同時にカリフォルニア州で行われた住民投票に、同性婚を州法上違法にするProposition 8というのが入っていて、これが可決されたことから今も州内でデモが起こっている。 Read more

Read more

そしてこの戦争の行方はいずこへ? そりゃやっぱり泥沼の生き地獄でしょーSo, where is this war in Iraq taking us? Straight to hell, of course

ずっと前からスーザン・ソンタグを尊敬していた。学生の頃とった「ニュー・ジャーナリズム」の授業で彼女の「キャンプ(低俗なアート)とは何か」というエッセイを読んだときに、頭をぐわ〜んと殴られたような(この人、頭よすぎ!)ショックを受けて以来、私の中では「アメリカ社会のインテリ最高峰」のもの書きとして燦然と光り輝いている人なんである。以前とある出版社オフィスに勤めていたときも、近くのコーヒーショップでカフェラテをすするソンタグを時おり見かけたものだったが、とうとう一言も声をかけられなかった。(だってさー、なんて言うのさ?「あなたの大ファンでーす」って? 思いっきりバカにされそうじゃない。そうでなくても見かけはエラクこわい人だし。) Read more

Read more

ジャネット・ジャクソンの乳首問題ーWhat’s all this fuss about a nipple?

今年のスーパーボウルは盛り上がりましたね。結局はニューイングランドがフィールドゴールを決めて優勝。このQB、若いのにただものじゃないかも。ところで、アメリカ人ってサッカーには全然興味なくて、自分の国でワールドカップが開かれてもちっとも盛り上がらないくせに、アメフトはだーい好き。たとえ世界中の人が白けきっていたとしても、アメリカ人はお構いなしにスーパーボウル観戦に浮かれている。いや〜、そんなところにも自己チューなお国柄が滲み出ちゃってますね。私も友人宅に呼ばれて、子供の世話をしながら見とりましたとも。アメフトが好きじゃなくても、コマーシャルやハーフタイム・ショーなど、それなりに楽しめる部分もあるし、誰も真剣に見てなくてもテレビを付けっぱなしにして、家族友人で集まる口実にする。・・・なんだか紅白歌合戦に通じるような年中行事。 Read more

Read more

ゲイのお兄ちゃん5人組にアメリカ中の男をリメークして欲しいかもーWishing Fab 5 would make over the entire population, attitudes and all

基本的にニュースとドキュメンタリー以外のテレビはあまり観ないのだが、そんな私が今ハマりにハマっている番組がある。アート系ケーブルチャンネルのBravo局で毎週火曜日10時から放映されている「Queer Eye for the Straight Guy」というヤツ。再放送してても、ついつい観ちゃうし、ごていねいに毎回録画も欠かさない。挙げ句の果てには、会う人ごとに「面白いから、観てみー」とビデオを押しつける始末。ウェブページも面白いので高速回線持ってる人にはお薦め。 Read more

Read more

自粛といってもやっぱりお祭り好きの国民性が出ちゃったアカデミー賞ーHollywood can’t contain themselves even during war time at Oscar

今この瞬間、2つの国が戦争をしている。一方の国では地獄絵図が広がっている。市民が空襲で殺され、ミサイル爆撃によって街が崩壊の憂き目を見ている。もう一方の国では、何一つ平和な日常と変わらぬ時間が過ぎている。 Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.