Tag Archive for: アメリカ合衆国大統領

大統領の娘だから上院議員ってのは甘くないか?—Caroline Camelot seeking senate seat

キャロライン・ケネディがニューヨークの上院議員になろうとしている。オバマ次期大統領が現NY上院議員であるヒラリー・クリントンを国務長官に任命したので、各州2席ある上院議員の座が1つ空いたのだ。 Read more

Read more

連載終了のコラムだけど私って先見の明があるんじゃないか?—I Almost Spook Myself for Prognosticating Bestsellers with Legs

前回書いたように、選挙直前にバラク・オバマに寝返った…というより、ヒラリーを支持していた気持ちを乗り越えてオバマを応援しようという気になった私だが、実はこの本は私にとっても思い出深い1冊となっていた。 Read more

Read more

次期大統領よりもクールに選挙結果という重箱の隅を突ついてみた— Flotsam and Jetsam from the Election 08

世界の津々浦々でバラク・オバマの圧倒的な勝利はニュースになり、既に歴史的裏づけもされ、全く関係のない人にまで感動を呼んでいるようなので、天の邪鬼な私なりにトリビアな部分をカバーしておく。 Read more

Read more

面映いが土壇場でようやくオバマ支持に転向した—About Face: I’m Finally Sold on Obama and Looking Forward to a Landslide Tuesday

いつもの毒舌を期待している皆様。今回は少し腑抜けです。

いよいよ火曜日は選挙の日。週末に選挙を行わないこととか、この日が祝日でないのも不思議に思うだろうが、つまりは昔の農耕社会では日曜日には教会に行き、1日かけて馬車で投票場に着いて帰ってくるには火曜日がいちばん都合よかったという話らしいんだが、そんな古くさい法律を残しておくところがアメリカらしいかも。 Read more

Read more

ニューヨーク・ブルース—どっちに転んでもアメリカの未来はかなり暗いぞ—Whichever Candidate is Elected, the Future’s So Bleak I Gotta Wear Night-Vision Goggles

大統領選挙まであと10日足らず。どうにかオバマになりそうでちょっとホッとしている反面、こうなったら共和党も捨て身の汚いやり方で卑怯な最後っ屁をかましてくるかもしれず、落ち着かない。
Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.