Tag Archive for: NY Times

NYタイムズが有料化するってニュースなの?—When the inevitable and known fact becomes a news item

火のないところに煙がモクモク、といういい例である。というより、チロチロの炭火にいきなり大騒ぎというべきか。日曜日になぜか日本の複数のマスコミ(サイト)で、「NYタイムズ有料化!」というニュースを見かけた。しかも、絶対失敗するとか、成功するのか?みたいなくくりで。 Read more

Read more

NYタイムズに載っていたコラムが身につまされて訳してみた—For your reading pleasure (or pain)

マンハッタンは古くから出版を志す若者が集まる場所だ。いざ働き出せば、冷たく上司にあしらわれながら下っ端として雑用をこなさなければならない。文句一つ言わずに耐えれば、やがていつか本や雑誌や新聞を生み出す人間の一人になれると信じて。 Read more

Read more

新聞はこのまま死に絶えていくのか?— Is the Grim Reaper creeping up on US newspapers?

そういえば、このところNYタイムズを買わなくなった。読まなくなった、とは言わない。今でも毎日オンラインで主要な記事はチェックしているからだ。ペーパーコピーを買っていた理由は、クロスワードパズルにハマり、毎朝なにがなんでもパズルを解かなければ気がすまなかったからだ。 Read more

Read more

あのカクタニさんがエロいエッセイ集なんか読まねーだろ、というツッコミーCarrie’s NY Times Review is Probably Author Candace Bushnell’s Wishful Thinking

「セックス・アンド・ザ・シティ」の第5シーズンで、Critical Conditionという題のエピソード72番では、新聞に連載されているキャリーのコラムが1冊の本になり、NYタイムズに書評が載るというので、何を書かれるかキャリーが心配するという話が登場する。 Read more

Read more

なんだか要領を得ないNYタイムズの記事(つづき)

(願いが叶う)“引力の法則”を説明したセルフヘルプ本、THE SECRETを出したエートリア・ブックス(ペンギン傘下のインプリント)のパブリッシャー(発行人にあたる)であるジュディス・カーは言う。「こういう本が出るのをいつも願っているんですよね」

本が出る前に出回っていたTHE SECRETの映画バージョンを観て、もしかしたらミリオンセラーになるかもしれないと思ったそうだ。何を根拠に?「ただの直感よ」背筋がぞくぞくするのを感じたとか。
大手版元はどこも大きく賭けて失敗している。最近支払われた最高額のアドバンスの中に800万ドルというTHIRTEEN MOONSの企画があった。ハードカバーで160万部売れたCOLD MOUNTAINの著者、チャールズ・フレイジャーの次の作品だ。 Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.