Tag Archive for: Japan

読売新聞の衛星版と読売アメリカがアメリカから撤退ーYomiuri Newspaper’s North American operation calls it quits

読売新聞が北米で発行している衛星版を中止するという。それと同時に週刊で発行している「読売アメリカ」も廃止になるという。つまりは読売アメリカのオフィスを閉鎖するという。 五番街666番地で働く駐在員は帰国、現地採用者は路頭に迷う運命にあるという。このニュースを聞いたときは人ごとながら最初けっこうショックだったが、少し考えてみたら「それもムリはないな」という気がしてきた。 Read more

Read more

純文学以外の分野では日本の文化輸出に明るい兆しーJapan’s pop culture making headways in U.S.

前回、日本の文学を海外に紹介するのは難しいことだと書きましたが、最近は他のエンターテインメント系のメディアがアメリカのポップカルチャーに進出している例を多く見かけるようになりました。 Read more

Read more

お上のやることはヤッパリ「源氏物語」古典賛辞に終始?ーGovernment’s feeble attempt to promote Japanese literature

日本の文学を海外に紹介するというのは、意義のあることだとは思うのですが、なかなか難しいようです。というより、海外の書籍市場や読者傾向をよく分かってなく、一方通行の思いで終わっている場合が多いようでなりません。 Read more

Read more

○メリカン航空の機内で見かけたギョーテン・キョーガクのスッチーとは?ーRethinking the whole airline service and weighing flight attendants

またしても日本に出張で帰ってきているのだが、久しぶりにアメリカの航空会社を利用したら(社用で来ているのでマイレージもクソもなかった)、スゴイものを見てしまった。これだけは日本には存在しないと断言できる。それは・・・ジャーン! 「デブのスチュワーデス」。どうだ、驚いただろう。私だって驚いたさ。ゲートで搭乗を待っていたら目の前を横切っていく太い影。それも見た目は日本人のスッチーさん。驚いたのと、ヒマこいてたのと手伝って友だちに電話かけて報告してしまった。「You’ll never guess what I just saw!」って。ごめんね、珍獣扱いして。 Read more

Read more

日本人の「お土産病」が災いした(?)毎日新聞カメラマンのアンマン空港爆発事件ーJapanese’s Souvenir Syndrome led to bombing incident at Amman Airport

事件の詳細については各マスコミに任せる。このニュースを聞いたとき、私は「あ〜あ、これだから日本人は困るんだよね〜」と思ってしまった。 Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.