Tag Archive for: Hudson Street Press

知り合いのおちゃらけ編集者は誰よりも繊細な隠れ「バーダー」だったーLuke, We’ll Always Remember Hugendubel!

編集者が本を書くと言うのは勇気のいる行動かもしれない。しかもそれが自己をさらけ出すメモワールならなおさらのこと。

A SUPREMELY BAD IDEAの著者、ルーク・デンプシーとは彼がクラウンにいた頃の知り合いで、ブリティッシュアクセントのめっちゃ面白い人、という印象だった。 Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.