Tag Archive for: Bloomsbury

ロンドン文学散歩 その1 ブルームズベリー地区 Bloomsbury(続きの続き)

残念ながら、この日はディケンズの館は 閉まっていたので、代わりにまた大英美術館に向かったのですが、その時偶然、こんなお店の前を通りかかりました。Wot the dickens! というのは、コックニー訛りで「一体全体どうなっちゃってんの?』とでも訳しましょうか、チャールズさんとは関係なく、怒りを強調する言葉です。
Read more

Read more

ロンドン文学散歩 その1 ブルームズベリー地区 Bloomsbury(続き)

そして大英美術館の向かいにあたるラッセル・ストリート界隈には、神保町ほどではないにしろ、古書店があちこちにあります。美術館内を回るだけでもけっこう疲れるものですが、こういう本屋さんを覗くのも同じぐらいわくわくします。なんと言っても建国200年そこそこのアメリカと違って、ロンドンだと「古書」といえば、マジ古い。数世紀もの前のディケンズやらキーツやら、美術館の中にあってもいいんじゃない? Read more

Read more

ロンドン文学散歩 その1 ブルームズベリー地区 Bloomsbury

ロンドン市内で出版社やエージェンシーが集まっている場所といえば、ブルームズベリー地区。大英美術館の裏手にあたるところに位置しているのが、写真の Bedford Square。80年代までは、ジョージア風の小さな公園をぐるっと取り囲むこの建物の多くにHodder & Stoughton、Bodley Head、Jonathan Cape、Chatto & Windusといった出版社のオフィスが入っていました。今は名前こそインプリントとして残されていますが、みんなどこぞの大手出版社に吸収されてしまいましたね…。でも、この辺りを散策していると、いきなり同業者にバッタリ出会ってビックリすることも。 Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.