Tag Archive for: America

デビューして半世紀、いまだに売れ続ける若者のバイブルとは?

今回はアメリカ文学史上一番のロングセラーの話。日本でもよく知られているこの本のタイトル/著者を当ててみて下さい。

1919 年ニューヨーク生まれ。15歳の時から小説を書き始める。戦前にパリでヘミングウェイに出会ったとき、ドイツ製のルーガーとアメリカ製の45口径と、どっちが優れているかで口論になり、ヘミングウェイが鶏の頭をぶっ飛ばしたので仰天したという。戦後アメリカに戻り、グリニッヂビレッジのクラブなどに出没、メルヴィル以降、自分以外に偉大な米文学の担い手はいないと豪語した。 Read more

Read more

1999年世界のベストセラーはやっぱり「ハリ・ポタ」で決まり

1999年アメリカで、いや世界中で一番売れた本はといえば、文句なくJ・K・ローリングの「ハリー・ポッター」シリーズの三作だろう。ストーリーは父母を亡くした孤児のハリー・ポッター君がひょんなことから自分が人間でないことを知り、魔法学校に通い、立派な魔術師を目指す成長期。12歳以下の子供向けに書かれたものだが、大人にもファンが多い。 Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.