Tag Archive for: 9/11

そうだ、マギーちゃん、謝ることなんかないぞーYou go, girl! Maggy need not apologize

先週開幕したばかりのトライベッカ映画祭で、さっそく一騒動があった模様。出典映画の一つ、”The Great New Wonderful”に主演した女優、マギー・ジレンホールが映画について以下のような発言をして、「アメリカ絶対主義者」(=私の命名。人一倍無知なのに自分の国こそがグレートだと信じ込んでいるおバカなアメリカ人のこと)の反感を買った。 Read more

Read more

コロンバスサークルにどーん!とオープンした「タイム ・ワーナー・センター」はやっぱりモールーThe new Vertical Shopping Experience that is Time Warner Center IS a mall after all

今日オープンしたばかりのタイム・ワーナー・センターを覗いてきました。いや別に、普段の私は新しくショッピングセンターができたからといって、のこのこ出かけていくほどミーハーじゃないんだけど、オフィスから数ブロックだったし、中にはブティックの他にボーダーズ書店もあるって聞いたし、ここ数週間続いていた寒波がやっと落ち着いたみたいだったから、散歩がてらにちょいと行ってきたんで。(とさんざん言い訳してみる。) Read more

Read more

今さら、ではあるが9-11から早2年ーBelated musings on the two years since

テロ事件直後は「NYニッチ」で言いたい放題、1年後に作ったこのホームページでも書きたい放題だった私が、今年は9月11日が巡ってきてもウンともスンとも言わないことに対して不審に思っていた人もいるのではないかと。だけど、元々「みんなと一斉に同じことをする」のが極力苦手なへそ曲がりの私は正直に言うと(この日だけ)一斉に追悼のセレモニーをする事に既に辟易していたのである。(ただ単にニューヨークにいなかった、という理由もあるが。) Read more

Read more

○メリカン航空の機内で見かけたギョーテン・キョーガクのスッチーとは?ーRethinking the whole airline service and weighing flight attendants

またしても日本に出張で帰ってきているのだが、久しぶりにアメリカの航空会社を利用したら(社用で来ているのでマイレージもクソもなかった)、スゴイものを見てしまった。これだけは日本には存在しないと断言できる。それは・・・ジャーン! 「デブのスチュワーデス」。どうだ、驚いただろう。私だって驚いたさ。ゲートで搭乗を待っていたら目の前を横切っていく太い影。それも見た目は日本人のスッチーさん。驚いたのと、ヒマこいてたのと手伝って友だちに電話かけて報告してしまった。「You’ll never guess what I just saw!」って。ごめんね、珍獣扱いして。 Read more

Read more

アメリカはまるで年下の男の子ーAmerica as a young man of a nation

(English version below)
あれから1年が経つ。テレビでは特集番組が流れ、皆がそれぞれにこの1年を振り返っている。

衝撃的な恐怖が薄らいだ頃から漠然と感じていたのは、私にとってアメリカという国家が、年下の男の子のように思えてしょうがなかったことだ。世界の他の国々と比べて、建国200年そこそこなのだから、それも致し方のないことではあるのだが。 Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.