Tag Archive for: 出版

ケータイ小説って結局なんだったのか?—Dana Goodyear answers (up)loaded question at Japan Society

先日ジャパン・ソサエティーで行われたちょっと不思議なレクチャーに行ってきた。タイトルからしてL<3vesick Japan: Stories of Intimacy from Courts to Keitai (Cell Phone) Novels。この「<3」が何かわからない人は既にギャルの世界とはほど遠いところに住んでいると思っていい。これは♡を横にしたケータイ文字で「I ♡ NY」みたいなノリなんだな。 Read more

Read more

ロンドン・ブックフェア09雑感—Miscellaneous Musings during the LBF 09

なんだかんだで今年も来ました。珍しくお天気がいいロンドン、快晴の空、アールズコートの周りのガーデンではモクレンやライラックが咲き乱れ、鳥の鳴き声が。のどかで良いわー。だけど仕事だー、そんなことはちっとも嬉しくないぞ。以下、まずは文句です。 Read more

Read more

フランクフルト・ブックフェア08雑感ーMiscellaneous Musings after the Buchmesse 08

今年も無事に行ってまいりました、フランクフルト・ブックフェア。毎度毎度のことなので、もうフランクフルト市内でも、ブックフェアの会場でも、目新しいものに出会うこともあるまいと高をくくっていたけれど、それなりに新しい経験もありました。忘れないうちに書いておこうっと。
Read more

Read more

ブック・エキスポで聞きかじったスゴい噂

週末までずっとBEA(ブック・エキスポ・アメリカ)で忙しくしていました。日本からも大勢、編集者やサブエージェントの人たちが来ていましたね。会場のジェイコブ・ジャビッツ・センターは初日からコミコンまっつぁおの暑さで、頭がクラクラしそうでしたが、2日目からはエアコンをガンガンに効かせたのか、お天気が悪くなったからなのか、だいぶ過ごしやすくなっていました。

残念ながら写真はありません。あちこちのブースに今をときめく人気作家が点在し、一心不乱に著書にサインをしている様子は、ミーハー魂にキュンと来るものがあるわけですが、それどころじゃなかったわけですよ。 Read more

Read more

私のお仕事:エージェントお百度参り

5年目に突入した私のお仕事。こっちの書籍出版業界の人ならtitle scoutと言えばすぐにわかってくれるけど、それ以外はダメ。編集でもないし、アクイジションって言っても通じないし、同業者の日本人は全くいないし…。

いったい何やってるの、あの人?って思われてるかも。 Read more

Read more
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.