どうして村上龍は全然ダメで、村上春樹ばかりがアメリカで売れるのか?ーWhy Haruki Murakami has been able to garner popularity in the U.S.?


「神の子どもたちはみな踊る」の英訳版、”After the Quake(地震の後)”の前評判が高い。8月18日付けのNYタイムズ・ブックレビューのトップで紹介されたと思ったら、翌週の本紙専属書評家ミチコ・カクタニ(彼女についてはいずれ取り上げたい)が好意的なレビューを書いていた。日本人作家としては初の快挙だろう。OCSニュースの「ブックトーク」では版元がクノッフという有力インプリントだという点だけを取り上げたが、ここではもう少し内容にも突っ込んで考えてみようと思う。 (English version appears below)

個人的にはそんなに大ファンというわけではない。ファンタジー系は苦手だし、読んでいて何を考えているのかわからない「僕」に時々イライラさせられることもある。自己投影できる女性登場人物があまりいないのも一因か。どちらかというと「やがて悲しき外国語」のようなエッセイ集の方が、ふんふんと納得しながら読める。村上春樹作品のどこがアメリカ人読者に受け入れられやすいのか、何人もの人に聞かれたし、知人にも感想を聞いてみた。

日常の中から非日常を編み出す展開はポール・オースターの作品に通じるかもしれない。反対に日本でもポール・オースターファンが多いのもこう考えるとうなずける。団塊の世代の大江健三郎はどこまでも真面目に戦後の日本で自己の追求をしているが、村上春樹の描く主人公は戦後サブカルチャー(民主主義だのロックンロールだのGHQが授けたアメリカ的なもの)を否定することなく受け入れているように思える。大江健三郎に対する村上・吉本作品の持つ意味については大塚英志も言及していた。

これはアメリカン・ブック・ジャムの秦さんも言っていたが、作家個人のことを言えば、アメリカで作品を発表するにあたって村上氏には良い意味で「気負い」があまり感じられない。朗読会で執筆中の自分の作品を読んだり、ファンと談話しながら本にサインをしたりと、アメリカの作家が普通にしていることを普通にこなしているようだ。(元グローブ出版のフィスケットジョン氏(「コールド・マウンテン」担当した人)も「ハルキはいいけど、リュウは嫌い」と言っていたらしい。)

この気負いのなさは、もうひとりアメリカでマイナーながらも作品が英訳され支持を受けている吉本ばななについても言える。「キッチン」「アムリタ」「N.P.」等、作品のほとんどがグローブ出版とワシントン・スクエア出版という中堅どころから上梓されている。翻訳者が何人もいて、作品によって印象が少し変わってしまうところが難点か。

ではなぜ、村上春樹らはアメリカで売れて、他の作家は今のところほとんど全滅状態なのか? そもそも日本人の現代作家の作品で英語版が出ているのはあるのか? 英訳されているもののほとんどは講談社が現地法人を作って出しているものだ。その中には

大平光代「だから、あなたも生きぬいて」So Can You
乙武洋匡「五体不満足」No One’s Perfect

などの国内ベストセラー系があるが、工夫のくの字も感じられないタイトルの付け方からも分かる通り、アメリカのマーケットでは読者がさっぱりつかめず、どちらかと言えば既に国内で読んだ人が英語の勉強代わりに買っているぐらいだろうとおおよその見当は付く。ベテラン作家でも「売れていない」という点では変わらない。日本で社員に金一封が出るほどの大ベストセラーは、作家に対する「お礼」として25ドルもするような立派なハードカバーで英語版を作っているが、いかんせん、マーケティング力では地元の零細出版にも劣るため、数千部も売れない。すぐに絶版になる。例えば、

村上龍「69」
山田詠美「トラッシュ」
渡辺淳一「失楽園」

最近では、いい例が五木寛之の「他力」だ。Tariki: Embracing Despair, Discovering Peaceというご大層なタイトルで去年3月に発売になったが、売れ行き情報は著者にひた隠しにしなければならないほど惨敗。ちなみにアマゾン・コムで実際に読んだ数少ないアメリカ人読者からの感想として、「暗すぎる」「元気出して、なんていうお節介野郎へのプレゼントとして最適」「家にエホバの証人が布教に来たら読ませてあげたい」とまあ、手厳しい。

禅ブームだの、宗教がかったニューエイジの「セルフ・ヘルプ」ものが売れるアメリカだから、この手のものを全く受け入れない土壌ではないのだが、何事もポジティブ思考が基本だから、浄土宗はペケかも。もう少しアメリカ向けの「スピン」(方向付け)が欲しかった。

講談社の本ばかりを批判するつもりはないが、日本の出版社はここぐらいしかやってないからね、残念ながら。せめてアメリカ市場に向けて取り組んでいる、という努力は買いたいが、いつまでも赤字事業を続けるわけにもいかないだろうし。

講談社以外から出ている本を見てみよう。

柳美里「ゴールドラッシュ」Gold Rush
$25.00 hard cover, Welcome Rain

こりゃ何じゃ?と首をかしげたくなるほど、聞いたことのない出版社の名前だ。アマゾンで検索してみると、通信の歴史とか、イギリス女優ジュディー・デンチの評伝とか、バラ事典とか、サッカー選手ペレの自伝とか、ちょっとハイブロウな作品があることはある。出版社名で検索したら、ライター組合から不払いで訴えられているらしいから、経営の苦しい零細出版社と見た。

「ゴールド・ラッシュ」の装丁はモノクロ写真。ポツネンと座った美里さん。これじゃ、どういう本なんだか、サッパリわからなさすぎる。講談社の本と同様、アメリカデビューがいきなり定価25ドルのハードカバー、というのもムリがある。読者にしてみれば、なんで名前も聞いたことのないし、評価も分からない外国人作家の本にいきなり 3000円相当のお金を出すカネ? お話も、いきなり連続殺人に走るティーンエイジャーなんて、アメリカじゃニュースで時々やってるからねえー。「家族シネマ」あたりをトレード・ペーパーバックで、オプラ読者向けにマーケティングした方が脈あり。

宮部みゆき「火車」All She Was Worth
$12.00 trade paperback, Mariner Books

元々は講談社インターナショナルから25ドルのハードカバーで出ていたものをホートン・ミフリン傘下のインプリント、マリナー・ブックスが文庫で出したもの。チープなスリラーとしてはサラッと読める、という評価。どうせならマスマーケットのペーパーバックで出せばよかったのに。

この他、一応英語版の版権が売れている人には、鷺沢萌、椎名誠、星新一、曾野綾子、池澤夏樹、島田雅彦、野坂昭如らがいるらしいが、全く見当たらない。毛色の変わったところでは鈴木光司の「リング」がそろそろ出るらしいから、一応注目しておこう。

では、どうすれば日本の本の英訳版が売れるのか? ふっふっふ、それが私のメシの種。こんなところにタダで書いちゃうワケないでしょ。


Haruki Murakami’s collection of short stories “After the Quake” made an appearance in the New York Times twice in the same week. First, as the top fiction selection in Aug.18th issue of the New York Times Review, then the resident reviewer Michiko Kakutani (I shall write about this mystery critic someday.) made it her pick on Aug. 20. This must be something of a feat, Japanese author or not. I wrote in my column at OCS News that a lot of the hype has to do with the fact his was published by the mighty Knopf, but this time let me examine just what it is about his novels that has captured a core of readers on this side of the Pacific.

First, let me say outright that I’m not a big fan of his ficions. Perhaps because I lack the kind of imagination to get absorbed in his world of outrageous fantasies, and his protagonists, often an enigmatic and inscrutable “I” (boku) irritates me. I have much easier time relating to his essays, one of which, for example, described his days in the U.S. as a Princeton University fellow.

Murakami’s penchant for weaving a bizarre and outlandish world out of a seemingly ordinary life resonates with a typical Paul Auster, another writer popular among Japanese readers, and this just might be a reason for that. While the Nobel laureate Kenzaburo Oe sticks to his post-war Japanese identity search, Murakami protagonists seem to be comfortable living in the post-war subculture (everything from democracy to rock’n’roll) bestowed on them by GHQ under the U.S. occupation.

Murakami himself seemed comfortable in New York when I saw him during an appearance at New School two years ago. The loosey-goosey Murakami happily obliged to read from “After the Quake” and to dole out autographs. This nonchalant attitude is also present in Banana Yoshimoto’s work such as “Kitchen” and “Amrita,” both novels published in English and enjoyed a readership, albeit small, in the U.S. Her works are published by Grove Press (hard cover) and Washington Square Press (paperback). The only regret is the multitude of translators, resulting in subtle difference in narratives.

So, why is Haruki Murakami is popular, while, say, Ryu Murakami is not? What other modern Japanese writers have their work translated?

The majority of the English titles are published by Kodansha’s subsidiaries. A couple of recent examples would be Mitsuyo Ohira’s “So Can You” and Hirokuni Ototake’s “No One’s Perfect,” both of which became huge bestsellers in Japan. Kodansha often rewards its bestselling authors by producing English version of their books, but as one can see from the lackluster titling and unappealing packaging, plus because of their lack of sales expertise, none has made any impact in the U.S. market. My guess is that these books are mostly sold domestically, where customers who’ve already read the Japanese version will pick up these books as English textbooks of sorts.

Other popular Japanese authors have tried this route, including Ryu Murakiami, Amy Yamada, and Junichi Watanabe. All of their works are now out of print.

One of the recent examples was Hiroyuki Itsuki’s “Tariki.” It was published in March last year with an ostentatious subtitle: Embracing Despair, Discovering Peace, but I hear the sales was so dismal, Itsuki was kept in the dark about the sales numbers. One of the very few who did read it sent his comments that the book was “too pessimistic,” “should be a perfect gift for someone who keeps telling you to cheer up,” and “show it to pesky Jehovah’s Witnesses when they come to your door.”

With the new age boom that now seems to extend to include obscure Asian religious practice to anything remotely Zennish, Itsuki’s Tariki might have found a niche if it was pitched right. Then again, this particular brand of Buddhism might be too negative and depressing to American taste, any which way you spin it.

I don’t mean to pick solely on Kodansha, but it happens to be the only Japanese publisher trying to introduce literary fiction works by Japanese authors. I would like to support them, but you can operate for so long in red, I suppose.

Other Japanese authors whose works are translated recently include Miri Yu’s “Gold Rush,” published by an unknown outfit called Welcome Rain. So unknown that an internet search engine was only able to dig up a fact that they’re being sued for failing to make a $5,000 payment to a contributor.

“Gold Rush” flaunts a black and white cover photo of Ms. Yu and not much else, further perplexing potential readers as to what this book is about. Who has time and money to spend 25 dollars to find out a imaginary story of a teenaged serial killer? We get that in the news broadcast from time to time. I’d much rather see “Family Cinema” in trade paperback, marketed to the Oprah crowd.

Another example is Miyuki Miyabe’s “All She was Worth.” Here is a prolific writer with a broad range a la Joyce Carol Oates, but to see one of her better mysteries in 25 dollar Kodansha hardcover was too much. Mariner Books, an imprint of Houghton-Mifflin, obviously picked up the paperback rights, but this mystery is better suited for mass market paperback if you asked me.

Other authors who’ve tried include Megumu Sagisawa, Makoto Shiina, Shinichi Hoshi, Ayako Sono, Natsuki Ikezawa, Masahiko Shimada, Akiyuki Nosaka, whose works are perhaps all out of print, collector’s items back in Japan. Horror writer Koji Suzuki will try the U.S. water with his populer “Ring” series soon, so I’ll keep an eye on how it does.

So how can a Japanese author sell his/her titles in the U.S.? Well, I ain’t revealing the secrets for free here. Have your people call my people and we’ll do lunch.

written by

ニューヨークと東京を往復する文芸エージェント。 日本の著作品を欧米マーケットに売り込むべく孤軍奮闘中。
Related Posts
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.