いつまでやってんだかミス・ユニバース


ミス・ユニバースに日本人が選ばれたとかでニュースになっていましたが、アメリカではもうずっと前からこの手の「ミス・コン」の視聴率・支持率は下降気味。祝日の週末だったにもかかわらず視聴率も過去最低だったとか。そういえば、ジョンベネちゃんの妖艶なリトル・ミスぶりと、こういう子供たちの母親の怖いまでの執着とステージママぶりがマスコミに晒されてから、バッシングもあったしね。

ということで、どこをどう持ち上げてみても、こういうpageantは時代遅れというか、結局は家畜の品評会なわけで、やれ勝者には奨学金が贈られるだの、外見でなく才能も基準になるだの理由付けをしてみても、それは後から無理してつけた付加価値であって、要するにやっぱりみんなで水着姿を晒させて、見てくれを判断して一番おいしそうなのにブルーリボンをつけるってだけのことだもの。

しかも、発展途上国で女性の地位が低く、美貌でのし上がるしかないっていう国ならわかるんだけど、先進国がいつまでも浮かれてやってるんじゃないよ、って感じ。

しかも日本人が勝ちました、なんてニュースが流れると決まって「え?でもそんなにきれいだとは思わない」という妬みコメントが飛ぶわけですが、これはただ単に、日本人がありがたがるバタ臭いアイドル顔と世界の美人感覚がズレているだけのこと。

written by

ニューヨークと東京を往復する文芸エージェント。 日本の著作品を欧米マーケットに売り込むべく孤軍奮闘中。
Related Posts
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.