Mangaへのレクイエム—Sadly, manga will be on the fringe of US market


今まで毎年、別々に行われていたNYアニメ・フェスティバルとコミコンが今年から合同開催になった。「ブック・エキスポ」の時もそうなのだが、いつもこういうコンベンションがあると、アポを取ってマンガ関連の編集者や版権担当者と会うが、一般客が入れない平日に済ませたり、ランチついでにアポの相手にミッドタウンまで来てもらったりしていたので、毎年「行っている」といっても、コンベンションそのものを体験していたとは言い難いのだった。それが今年からは大規模になるというので、んじゃ、どんな人たちがどのくらい来ているのかな、と思って最終日の昼間に出かけてみた。

もうね、圧倒されました。3日間ののべ入場者数は9万5000人だって。アメリカのオタク道、ハンパない。SFファンに、スターウォーズ、コミックヒーローにファンタジー、ゲーマーにトレッキーたち。これが日本だとアキバ系と腐女子、とまぁ、だいたい来場者のイメージが湧くんだけど、アメリカでは文字通り老若男女が集まっている。親子連れに、コスプレのグループに、わけわかんないオッサンたちまで…。ビジネススーツ系の格好しているこっちの方が異質で「あ、こんな楽しいところに来てまで仕事してるんですね、お疲れ〜」みたいな視線が痛い。

思い知らされたのは「日本のアニメ・マンガは、結局、アメリカではアングラなサブカルとしてしか根付かなかった」ということ。マンガ関連のイベントや同人誌みたいなArtists Alleyは1階下のショボ目のフロアに押しやられてるんだもんなー。メインフロアで目立ってたスクエニのブースもゲームのプロモだったし。

そしてこれからも、アングラなサブカルの地位から抜け出すことはないだろうな、と思わされるニュースもあった。2004年にアメリカの最大手ランダムハウスと、日本の最大手である講談社が事業提携したときに、そのプロジェクトの一環としてSF系のインプリント(出版レーベル)であるデル・レイから、CLAMPの「XXXHolic」や赤松健の「魔法先生ネギま!?」など、4タイトルから始めて徐々に少女マンガを中心にアメリカでもマンガが定着しそうな勢いがあった。

大手出版社から出されて、大手書店に並ぶ、というメインストリームの一部を勝ち得たかのように思えた。当初からデル・レイの編集方針はハッキリしていて、「我々がよく知っているYAの市場から始めて、これはと思うタイトルに絞り、でもやるからには徹底的にマーケティングをする。そしてYAの主力層であるプレティーン〜ティーンエイジャーの女の子の反応を見ながら徐々にマンガの幅を広げていく」というものだった。

何もないところに、ポンッとマンガなるものを出してきて、それが一般家庭に受け入れられるようになるにはそれなりの時間がかかるし、宣伝もしていかなければならない、という決意があればこそ、だ。

でもまぁ、原作のマンガを送り出す講談社にしてみれば、もっともっとやってもらいたいわけですよ。「あの先生がウケるのなら、ぜひこの先生も」とどんどん薦めてくるわけですな。なにせ、その頃の講談社は、既に堂々と「うちはマンガの黒字で会社を支えています」って認めるぐらい(昔は認めていなかった。恥ずかしい、って気持ちがあったのか)、雑誌も書籍も低迷していて、とにかくマンガを売りまくれ、というスタンスだったのだ。

でも、デル・レイにしてみれば、ムリをすればすぐに市場が飽和状態になって1タイトル当たりの売上げが下がってしまうのが目に見えている。まぁ、そんなせめぎ合いの中で色々苦労をしている人を大勢知っていたから(アメリカ側の編集者やセールスの人たちね)、今その人たちに代わって何が起こっていたかをこうしてバラしちゃっているわけです。

この際だから、例えばどういうマンガが大コケしたのか書いてしまおう。良い例が「のだめカンタービレ」。日本では大ヒット、ドラマにコラボのクラシックCDに、とにかく「あれまぁ、若い人たちがクラシック聴き始めちゃったよ」ぐらいのインパクトがあったベストセラー。だけど、アメリカじゃダメなんだよ、どう考えても。だって、のだめちゃんは日本でこそ「天然」でカワイイわけだけど、あのキャラの面白いところがアメリカでは全然通用しない。「のだめ語」も訳すの難しい。ユーモアも半分ぐらいしか伝わらないんじゃないだろか。のだめが「タダの馬鹿」にしか写らない。大学生にもなってどこまで甘っちょろいのか、女性をバカにしているだろう、このマンガは、ぐらいのカルチャーギャップがそこにはある。そしてそれはどう「のだめちゃんはカワイイんです」と宣伝してみてもムダなわけね。

だけど、出した。どんだけゴリ押ししたのか知らないけど。結果は無残なもので、数千冊しか売れてないんじゃない? しかも買ってるのは日本人じゃないの? あぁ、しかも何巻まで続くんだよ、これ、みたいな。

ってことで、タイトルは極力しぼりたいデル・レイに業を煮やした講談社は講談社USAなるものを作って自分たちで版権を売るのかと思ったら、マンガの英語版を出すことにした。って何やるのかと思ってたらAkiraにGhost in the Machineって昔取った杵柄リバイバル。お次はデル・レイから版権を引き上げて自分たちで出版。

まぁ、小学館と集英社がVizでやっていることを踏襲しているんだろうけど、これで日本の3大出版社は自分たちで英語版を作って売ろうってわけだ。悪いけど、赤字事業になりますな。アメリカでもとってもマイナーな存在として頑張ってくだされ。やっぱりこれは、アシェットのYen Pressと組んだスクエニが一番賢いな。

既にアメリカではMangaというのは日本発のコンテンツに限らず、グラフィックノベルの新しい形として浸透しつつある。「アフロサムライ」とか(あ、これはアニメか)、「トワイライト」シリーズを韓国系のアーティストがマンガ化したものとか、日本に頼らなくても作品は作れる。だったら翻訳する手間暇もかからない。

というわけで、日本産のマンガはますます苦戦を強いられ、アメリカではマイナーなものになっていく。イグアナさんたちよ、海外に出て行っても進化できないならガラパゴス島に帰りますか?

それと、以下は「はてブ」で言いたい放題書いてくれた厨房どもへのコメントでありんす。

mangakoji: >すべての米国向け商品はホリデーシーズン向けに「売り抜ける」ことが戦略←売れないものも売るのかい、甘いな。

readerjp: > だから立場が逆ならアメリカ政府が乗り込んで日本は言うことを聞くだろ。…頭悪くない?←で、日本政府は「クールジャパン」ですか? 確かに頭悪いな。

hitsuji_6: > ただのクレーマー←さすが、全然読み取れてませんね。

darry129: >バカブログ発見←バカ発見

sekirei-9: >Amazonだってあるわけだし←クレジットカード持ってないガキがどうやってアマゾンから買うんだよ?

mizukemuri: >日本の出版社が直接輸出してるわけでもなかろうに←へぇ、じゃ、Vizってなに?

konkon1986: > 前置き含めてネタではないとしたら相当に痛い人なので、企業から相手にされないのは当たり前←相手にされてないと言うより無視してやりやがったから、売れてねーんだよ。ネタでこんなこと書くか、バーカ。

angmar: > たまにあっちのオタクの女の子と話しても、出てくるのはNARUTOハガレンで少女漫画の話とかほとんど聞かなかった←アメ産腐女子とスカイプでもしてんの? もっとかわいい普通の女子には相手にされないもんな。

u_KuP: >個人的には眉唾な分析だと感じたなぁ。決め付けが多すぎる←ハッキリ書いてやったんだよ。眉唾としか思えないのは裏付ける知識が君には全くないせい。

worris: > 「アメリカの出版業界に身を置いている」以外の説得力がない←現場の声を届けるのにこれ以上説得力のあるポジションがあるとでもぉ?

kizuki25: > 売れない理由なら納得だけど売れなくなった理由にはなってないような気が。何で今までは売れてたのさ。←最初はちょこっとだけなら売れてたってことが読み取れないの?

little_john: > 偉そうな言葉で書き始めたくせに、思い込み主観に終始しててどうしようもない←思い込みじゃなくて事実だからなー。

neko190:> ゲーム産業みるにそれは違う←「親が買って与える」ゲーム産業の話じゃねーから。

written by

ニューヨークと東京を往復する文芸エージェント。 日本の著作品を欧米マーケットに売り込むべく孤軍奮闘中。
Related Posts
  • Spamfuriwake

    漫画家です。
    ガラパゴスで楽しくやります。
    もともと日本だけでペイできてるものを、無理して売ろうとするからおかしなキリスト狂信者みたいな連中を呼び込むのであって、「お前らには永遠に理解できない世界ですよーだ」でいいんです。
    海外で売れる作品、とくに中韓で人気が出ているものは「古くさいもの」という認識があり、少女漫画の世界では、中韓のファンレター来るようになると、編集部から、絵柄や内容の変更を言い渡されます。
    はっきり言えば、ダサさのベンチマーク、手垢のまみれっぷりの指標ですね。
    私は自分の読む漫画が、アメリカのドラマ製作のように、横やりによって内容を変えられたものであってほしくありません。彼らの横やりは全部「ダサイ」「クサイ」を持ち込むものですから。
    そんな隙を作らないためにも、日本でペイできるものは、日本国外に出さなくていいです。

  • katoB

    そもそも、独立独歩でやっていくなら、
    市場ができあがった上に、ノウハウを盗んでからやるべきですよね。

    値段が高い、やたら巻数が多い、
    しかも途中1冊飛ばすとストーリーがわからない。
    異質の日本文化が基盤になっている。
    売れない要素はやたらとあるわけです。
    「面白い」だけではカバーしきれないほど。

    日本の出版社の見通しが甘すぎる、というのは
    まったく言い過ぎではないと思います。

    もちろん、最初から海外販売目当ての
    見当違いなマンガが日本で制作、発売されるのは
    まったく歓迎しませんが……。

  • 下らねー記事w

    そもそもいわゆるマンガや小説にある文学的な面白さというのが、共通してあるのか?
    というところまで言及出来ていないから、この記事は頭が悪い。
    ビジネス展開やマーケット手法だけ見たら、確かに日本の出版社はうまくない。
    だが、こういういわゆるサブカルチャーの展開はある意味ビジネスマンの予測とは異なるマーケットの動きをするのも事実である。
    ここでは「のだめ」という非常に中途半端な例を出してホルホルしているが、もっと分かりやすく言えば「ちびまる子ちゃん」や「サザエさん」がアメリカに浸透しないのを指摘して「ホルホル」している。
    マーケットの予想を上回るニーズを得ることもある。例えばキャプテン翼や神の雫などがいい例だろう。
    すなわち、こういったサブカルチャーのニーズはその国の文化と一致した時にビジネスマンが考えるマーケット力を超える。
    勿論、ドラゴンボールのようにある程度普遍的な価値を得るものもあるが、一方で予想どおりに行かないこともある。

    この記事の筆者の落しどころが全くわからないが、マンガをガラパゴスだと言いたいのか、
    それとも日本の出版社がマンガをガラパゴスとしてしまっている言いたいのかがイマイチ分からない。
    アメリカでコミック(元々はそもそもアメリカのものだが)が大衆文化から第一線を退き、現在はグラフィックノベルにその地位を奪われつつある。
    こういったことも含めて書かなければ単なる誹謗中傷の浅い主観の感想文に読者に取られても仕方がない。
    少なくともマーケットのあり方をアメリカだけの売れ行きだけで「ガラパゴス」と言いたいのなら、この記事としての価値はゼロとしか言い様がない。

  • Naru

    言ってることはおかしくないけど、いまさらって話ですよね。
    文化が違うところで受けるなんて至難の業なのは日本のマンガに限った話じゃない。
    海外のマンガは日本で全然売れないけど、それは作品としてのレベルが低いからじゃないし。
    文学だって、日本の文学で海外でも評価を得ているのはごくわずか。そして海外の文学で日本で評価されているのも「本屋に行くと結構あるように見える」けど海外で出版されているもの全体からすればやはりごくわずか。
    むしろ、「マンガなら海外でも成功する」と思ってる人がいるのが不思議。

  • NetCat99

    お久しぶりです。 釣りだと思いますが・・・釣られます!!
    Manga will be on the fringe って今マーケットの外にいるのが外枠には喰い込むということですか?それとも外枠に追い出されるってこと? それともManga will remain on the fringe(as an American geek’s hobby)?

    Mangaが商業的な成功を収める事がないのは、余程の馬鹿以外は気付いている事なのでおっしゃると売りだと思います。
    そもそも、漫画や音楽や小説はそれを生み出したアーティストの物なんだから、彼ら以外の人達が大金をせしめる様な構図が出来る事の方が変。 

    ただ、若い世代への漫画の娯楽としての浸透具合はそれなりの物に成っているのではしているのでは?私が海外にいたのは数年も前のことで、アメリカでは無かったですけど、結構皆btで落としてコナンとかガンダムとか見てましたよ(バスの中でそういう会話よくしてる若い子いました)。 アジア系移民が多かったのも一因だったんでしょうけど、子供の口伝ては結構馬鹿にできない。
    今は電子出版の時代なので少し難しいと思うのですが、放置すればいずれ台湾で起きたことがまた起きるのでは:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/23/news006.html

    まあ私としてはファンの方々と漫画家の皆さんがもっと直接的にコミュニケーションを取るようになって、ファンの人達のサポートで漫画家の人達が生活出来るように成れば良いなって思ってるんですけどね。

  • Masumi Takada

    とても納得する記事でした。確かにこのままではアングラなままで終わると思います。日本でもアメコミは売れてませんが、好事家はいます。つまり、アメリカにもそんな方々がいてもおかしくはないと思います。本当にアメリカでシュアを取りたいなら、アメリカで受けた作品をマンガ化なり、アニメ化するほうが良いのでしょう。事実、韓国はアニメにしてもマンガにしてもやっている訳ですし。
    でも、僕も個人的にはガラパゴスでいいと思います。マスばかり気にしていては仕方ありません。本当にハリウッドのように世界ターゲットでの展開をするなら、それだけ作品つくりもシステムが必要だと思いますが、家内工房的な日本のシステムではそれではできません。おそらく100年掛かっても。おまけに日本語という障害もありますし。アメリカが早く世界展開できるのも英語という強力なアドバンテージがあるからです。表現に関して世界標準に合わせようとすれば、たちまちつまらない物になるともいます。そもそも世界標準って言われてもピンときません。そもそも紙にストーリーを書いてるときに、これがいくらで売れるかなんて誰が考えられるでしょうか?
    日本の出版社がアメリカで成功したいなら、現地に編集部をおいて、アメリカ人作家(漫画家)を育て、アメリカ人が受ける作品を書かせて売るべきだと思います。時間がかかりますが、そうやって日本の市場が形成されてきたわけですから。
    日本のコンテンツが農家なら、ハリウッドは工場ようなものです。ですが、ハリウッドにエヴァンゲリオンやドラゴンボールのような作品は生み出せることはないと思います。だからこそ、実写企画の話があるのでしょう。マクドナルドにならないでほしいです。
    最後に建設的な意見を言えば、小規模ながらも世界中にいまのままでも日本コンテンツを愛するのファンがいます。アメリカやヨーロッパだけが世界ではありません。南米にもアフリカにもいます。ハリウッド作品にはない魅力があるから皆引かれるんだと思います。互いの国が敵対同士のイスラエルとパレスチナがアニメ交流をして、終わり際に”また敵対同士になるなんて”と涙ながらにおかれたという記事を見かけました。ヨーロッパや南米には日本好きでお祭りをして交流する大小なりのお祭りがあるようです。おそらく、日本人がこのことを一番知らないでしょう。こんな国は他にあるでしょうか?
    日本コンテンツは世界第一位を脅かす、永遠の第二位でいてほしいです。

  • AA

    のだめカンタービレは欧米では受けないですよね。そんなのは多分出版社でも十分承知なはず。そもそもマンガの絵が欧米に受ける外見でないから。ああいう平板な顔は欧米ではNGでしょう。
    それから華奢な人が主人公なのもNGでは?華奢な人はアメリカ人とかにしてみれば皆ドラエモンののびたみたいに見えるのでは?

    そもそも海外で大規模に売ろうと思ったら、それなりに海外に合わせないとだめだろうね。
    まあ、意識せずにたまたまうまく合ってしまうところもあるんだろうけど。

  • Lingual

    >日本だけでペイできてる
    そうでしょうか? 漫画家の人たちも相当苦しそうだけど、さぞかしアナタは売れっ子なんでしょうね。

  • Lingual

    日本のマンガや小説にある文学的なおもしろさが海外に伝わらないと思っているのなら、それこそ頭が悪いですね。しかも何を根拠に『キャプテン翼』や『神の雫』にマーケットの予想を上回るニーズを得たというのか?
    まぁ、「アメリカでコミックがグラフィックノベルにその地位を奪われつつある」とかトンチンカンな断定をする人には落としどころなんてわからないだろう。価値ゼロのコメントをどーも。

  • Ucat2006

    考えもなしに輸出するからそうなるんだよな。
    車だっていろいろな戦略立てて、それこそ海外に始めから目を向けた企画のもの輸出するのに。
    初めから日本人向けに作られたものを翻訳しただけで海外に受けるなんて……そう思ってるほうがおかしい。

    ただ、あまり悲観しすぎるのもどうかと思う。
    こういう現実的な差異をしっかり受け止められるようになったなら、それを解消する手立てを考えていけばいい。

    日本人だけで日本の漫画を海外に売っているわけじゃないでしょう。
    片側から橋をかけるのは難しいが、向こう側の手があればやりやすくなるはずだ。
    今までの活動で、そういう人達を見つけることができたのなら無駄にはならないはず。

  • kiddy

    ガジェット通信から、リンクをたどって読みました。
    「アメリカ」では売れていないと貴方が感じた現状は、よくわかりました。

    日本のマンガは、日本人向けのマンガです。
    始めからアメリカで売る目的で書いていませんので、このままではアメリカで売れないのは当然でしょう。

    では、アメリカ人向けのマンガを作ればよいか?
    そのマンガは日本のマンガではなく、アメコミに近いでしょう。

    >イグアナさんたちよ、海外に出て行っても進化できないならガラパゴス島に帰りますか?

    貴方は「日本のマンガ」から、「世界のマンガ」に進化したほうが幸せなんて考えているようですね。
    「日本のマンガ」は、好きな人達が少しずつ築いたものです。
    無理に世界にあわせてどうするのですか。

    こんな問題提起が出来るなら、「世界のマンガ」を描く人達を作ればいいじゃないですか。
    貴方なら簡単にできますよ★

    ガラパゴス島から、イグアナを減少させちゃ意味がない。
    日本のマンガを壊しちゃ意味がない。それなら、ガラパゴス島に居る方が幸せです。

  • ゲスト

    ガジェット通信から飛んできました
    大変面白く話も明快で他の記事も一気に読ませていただきました

    海外での販路拡大を狙っている出版社のお粗末なマーケティングと販売戦略の実態を知れて
    大変勉強になります

    某掲示板で「日本の漫画を馬鹿にしている記事」というような誤解を招くスレが立ち
    販路拡大を狙う出版社の海外戦略に対する指摘の記事にズレた批判が出ている気がします

    現場の貴重な情報を読めるのは大変にありがたいです
    これからも楽しみにしております

  • Kenji-u

    愛のある辛口批評は歓迎だが、この記事には愛がない。あるのは毒だけだ。
    辛口と悪口を履き違えてるぞ。

  • Tanaka

    GDP4兆ドルを軽く超える国をガラパゴスと簡単にいってしまえる国際感覚が信じられない。日本の市場はそれだけで巨大といえるほど大きく、そこで独占状態を維持してることに日本のマンガ業界の強みはある。その上で世界展開はあくまで蛇足であり、それは目的ではなく、また汎用製品を売ってるわけではないのでサブカルチャーになるのは当然である。
    もし日本の漫画市場が生物界におけるにおけるガラパゴス同様小さくわずかなお金しか動いてなければこの主張は正しいだろう。日本は総力を上げて世界市場に対応しなければならない。しかし現実は日本市場こそ漫画業界の主流だ。アメリカは世界一の経済大国だが、こと漫画市場に限れば日本で一番お金が動いているのである。そんな常識すら知らずにガラパゴスと言ってしまうのはアメリカであればなんでも世界一だという先入観にとらわれている証拠だ。
    アメコミは今虫の息状態だ。国内でしか生きられないのはいったいどちらか、ガラパゴスはどこか、世界で大きな力を持ち拡大してる勢力はどこにあるか、先入観にとらわれない価値観を持つことが必要といえるだろう。

  • http://twitter.com/norwayblue_eyes T.KAORI

    辛口調だからか、結構批判的な意見があるんですね。

    私は別SNSサイトで、日本のとあるクラシックマンガのコミュニティにもぐってウォッチしてたり(当然スキャンレーションというのもそこで目にした)していましたし、丁度日本マンガが発売されて盛り上がっていた時期?の2004年より、今は無き、CMXから出版されてた公式本も購入して、翻訳がどうなってるかを楽しんでチェックしていました。
    が、そのマンガの出版頻度が当初は4半期に1冊が、半年、一年と伸び、
    この7月でついに出版元が閉鎖でマンガも打ち切り!マイナーな出版部門だからかな?と思ってたんですが、
    どうやら市場そのものが停滞しているようですねえ。

    この記事に不快感をしめす人たちは、おそらく日本が誇る文化を否定された気がしたからかな?
    私はそういう経緯があったので、納得するんですが。

  • Kyouno16

    やっぱりこういう記事書くと偏屈なオタクが必ずちょっかい出しに来るね。
    で、一方的に勝利宣言して逃げてく。
    アホのお決まりパターンだよ、俺はこのブログ応援してます。

  • ゲスト

    ガジェット通信からリンクを辿ってまいりました。
    海外の話以外でも、漫画業界って目先の利益ばっか得ようとしてかなり横暴な事やってるみたいなので
    失敗してもざまぁwとしか思いません。
    でも出版社が傾くと漫画家さんも食い詰める事になってしまいますからねえ…。
    まあ、アメリカ人気を意識して無理やり引き伸ばされてる某ニンジャ漫画みたいな可哀想な事になるのであれば
    いっそコケて市場撤退して自分んちで引きこもってた方が幸せなんじゃないの?という気もします。
    あと、
    >アメ産腐女子とスカイプでもしてんの? もっとかわいい普通の女子には相手にされないもんな。
    これは言い過ぎじゃないかと…まともな反論でもなくただの悪口ですし。

  • Pingback: 【文化】 “日本のアニメなどを世界に!” 日本政府、「クール・ジャパン」ロゴ発表…野田首相が最終決定★3 | | ニュース速報+安価まとめニュース速報+安価まとめ()

© Copyright - Books and the City - All rights reserved.