アメリカはまるで年下の男の子ーAmerica as a young man of a nation


(English version below)
あれから1年が経つ。テレビでは特集番組が流れ、皆がそれぞれにこの1年を振り返っている。

衝撃的な恐怖が薄らいだ頃から漠然と感じていたのは、私にとってアメリカという国家が、年下の男の子のように思えてしょうがなかったことだ。世界の他の国々と比べて、建国200年そこそこなのだから、それも致し方のないことではあるのだが。

アメリカ君は若いから、まだ挫折というものを知らなくて無鉄砲なところがある。理想が高く、それに忠実で、つまずきながらも行動は早いので、そういう点は尊敬できる。ダイナミックで、エネルギッシュで、可能性を秘めているところも好感が持てる。色んな国から来る人をホイホイと気軽に自分の家に泊めてあげる懐の大きいところもある。こっちからきちんと話さないと何も伝わらないもどかしさはあるが、話をすれば聞こうとしてくれる。自分と意見が違ってもそれを尊重してくれる。

一方で、腕っぷしが強くて負けん気だから、見ていてハラハラさせられることが多い。だからといって敵に回すとそれもやっかいなので、こっちもついついわがままを許してしまう。いちいち目くじらを立てずにいれば、自分に何かがあった時に守ってくれるだろうという含みもある。アメリカ君は、戦争というのは「自由」を守るために、他の国に行って命を投げ出して戦うことだと信じている。そして本当に命を投げ出してしまうのだから、こっちとしては「平和」をいいわけに怖がって逃げているといわれても返しようがない。自分の国土で一般市民が無差別に殺されるという恐怖を知らなかったのだから、当たり前だ。

あの日までは。

自分を世界の正義だ、警察だ、と思っていたアメリカ君が、闇討ちにあった。いきなり殴られて前歯2本が折れ、たくさんの血が流れた。なぜ自分が嫌われているのかと反省する前に頭に血が登って「野蛮なヤツめ、絶対に許せん」といきりたってしまった。リベンジを誓ったアメリカ君は、犯人がアフガニスタンに隠れていると知ると、仲間を誘って攻撃をかけようといきり立った。結局、積極的に賛成してくれたのはイギリス君だけだった。

私はこれを機会にアメリカ君が少し大人になり、成長してくれることを願っていた。戦争を仕掛けたり、仕掛けられたりして皆その歴史を背負って生きているんだよ、暴力に暴力で答えていたら決して終わらない泥沼にはまるだけなんだよ、と言ってあげたかった。かといってここ50年、他の国にお金をあげる以外に手をさしのべてこなかった手前、偉そうなことも言えなかった。

長年ニューヨークに住んでいる私は、考え方がアメリカ的になっている部分も確かにある。でもアメリカ君は基本的に田舎者で、保守的で、短絡的だし、長年の歴史に裏打ちされた文化に欠けるので、実はあまりタイプではないのだ。アメリカ君とこれからも連れ添うには、自分はあまりにもリベラルで、シニカルで、つまり彼が見せてくれる夢を疑いなく信じるほどには、もう若くないのかも知れない。私にとってアメリカ君は、真っ向から向き合って恋をするには既に物足りない相手だ。

かといってつきあいも長く、長所も欠点もわかってくると、簡単には見捨てられない情のようなものがある。ストレートすぎて時には誤解を受けやすいアメリカ君を弁護してあげたくもなる。アメリカ君が他の人たちと仲良くやっていくために、自分に何かできることがあるのなら、それが自分の役目かとも思う。100点満点はあげられないけれど、この1年、アメリカ君はがんばってきたもの。

 
It’s been almost a year. Commemorative programs are abundant on the air waves, and It’s a time of refection for everybody.

After the initial shock had passed, I have vaguely felt as though America is a young man many years my junior. After all, USA is a young nation of barely over 200 years since its inception.

He is too young to know life’s setbacks, and a little reckless sometimes. He is an idealist, and strives to realize that ideal. He deserves the respect for his quick actions despite the occasional faux pas. He’s dynamic, energetic, and you’ve got to love his potential. He generously opens his doors to whoever knocks on it. He’s not good at guessing, so you have to tell him exactly what’s on your mind, but once you try to tell him, he’ll try to understand. He respects the difference in our opinions.

On the other hand, he is a man of great strength, and he can be unyielding, making me worry as I try to stand by him. It would be even more difficult to make an enemy out of him, so I have little choice but to let him has his way. The trad-off is that he’d be on your side when you need him. He thinks that fighting a war means to risk your own life on a foreign soil in the name of freedom. And he means it. I wouldn’t know how to answer if he alleged that I just bring up the word “peace” because I’m just too much of a coward to do the same. Of course, he hadn’t known the horror of civilians being killed on his homeland.

Until that day.

He thought he was fighting in the name of justice worldwide, policing other nations, when he was struck from behind. He lost a couple of teeth, and he shed a lot of blood. Instead of reflecting upon oneself why the world hates him so much, he blew his top and swore on revenge. Learning that the culprits were hiding in Afghanistan, he urged his buddies to join him in the attack. Only England complied.

I was hoping that the whole tragedy would be a learning lesson for him, an opportunity to grow. Everybody else in the world lives with a memory of atrocity in one way or another. Violence would only lead to more violence, and before you know it, you’ll step into a quigmire you cannot escape. But as someone who’s done nothing but give away a few bucks to help other nations in the last half century, I wasn’t in a position to say much.

I have to admit I’ve lived in New York long enough to think like Americans. But he is too much of a redneck, too much of a conservative, too much of a simpleton, and I prefer someone who hails from a country with long cultural history. I’m too much of a liberal, too much of a cynic to wholeheartedly believe in the dream he offers. Perhaps I’m simply too old to fall in love with him all over again.

But I’ve known him for so long, weaknesses and strengths included. It’s too late to abandon him. I feel obliged to protect him from unnecessary misunderstanding. If there’s something I can contribute in making him get along with others, I’d be happy to do it. I cannot give him an A, but he’s been trying admirably this year.

written by

ニューヨークと東京を往復する文芸エージェント。 日本の著作品を欧米マーケットに売り込むべく孤軍奮闘中。
Related Posts
© Copyright - Books and the City - All rights reserved.